Campaigns
>

The Galleria

2007年に誕生して以来、進化を重ねてきたプラダの象徴ともいえるネオクラシックな雰囲気が漂うプラダ ガレリアバッグ。

いつまでも色褪せない価値を持ち合わせたこのバッグは、1913年にミウッチャ・プラダの祖父である創業者のマリオ・プラダがミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にオープンした、プラダの旗艦店にちなんで名づけられました。
プラダの21世紀のアイデンティティを象徴するデザインとして「サフィアーノ」レザーを使用し初めて登場しました。「サフィアーノ」レザーは創業者のマリオ・プラダが特許を取得した、現在もプラダを象徴する素材のひとつであり、レザー表面に施したクロスハッチ加工の質感が特徴の耐傷性と耐水性に優れたカーフ素材です。

20世紀半ばに人気を博したドクターバッグを彷彿とさせるフォルムのプラダ ガレリアバッグは、クラシックなスタイルの特徴を生かしつつ、革製品の製造における100年以上の歴史を持つプラダの技術力と卓越性を味わえるアイテムです。
短編ビデオを監督した映像作家のグザヴィエ・ドランは、ファッション業界のイコノグラフィーへの果てしない興味から着想を得て、プラダ ガレリアのアイデンティティに対する彼自身のビジョンを吹き込んでいます。

自らのファンタジーの中で居場所を空想するロマンチックな若いヒロインを演じるのは女優のハンター・シェーファー。空想のファッション撮影のためにベッドルームから飛び出す姿は、人々の意識の中で想像されるファッションを普遍的に映し出し、現実からの逃避を表現しています。

彼女のファンタジーに常に現れるお守りのような存在のファッションアイテムがプラダ ガレリア。さまざまな場面とビジョン、空想のシーンとシナリオの間、そして複数のマイクロストーリーの間を揺れ動きながら、異なるコンテキストで展開されます。
キャスト:ハンター・シェーファー
監督:グザヴィエ・ドラン
クリエイティブ・ディレクター:フェルディナンド・ヴェルデーリ