FEELS LIKE PRADA

Campaigns
2021年秋冬広告キャンペーン

感性 - 感情と感覚、親密さと触感。プラダ 2021年秋冬広告キャンペーンでは、ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズがデザインを手掛けた、感情の喚起を探求するレディス/メンズコレクションをご紹介します。
感性とは、知性ではなく、感覚や感情に
訴える、
本能的で自然な感覚です。デヴィッド・シムズが撮影した画像の
一つひとつは、独立した物語の断片を
暗示しながらも、連続的に並べると、
感情を表現する独自の新しい抽象的な
物語になります。
このキャンペーンのテーマは、一見した
だけではわからないプラダの奥深い
感性です。
この物語では、2021年秋の様々な実験的活動を
通じて、生活の中のデジタル性と身体性を
プラダの視点で再解釈します。
現実世界の空間と日常的な物が、
プラダ 2021年秋冬コレクションから
インスピレーションを得た触感的な
パターンやキャンペーン画像に登場する
建物のファサード(触感的な物や場所)で
覆われます。

プラダ 2021年秋冬広告キャンペーン全体で、
意図的に多面的な要素を取り入れて
そのビジョンを提起し、複雑で
移ろいやすい性質を反映しています。
それこそが常に
プラダの感性にあるものです。
広告キャンペーンに伴い、ミラノ、フィレンツェ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、上海、東京で実験的な取り組みが展開され、意味合いを感じさせる美しい表現でキャンペーンを盛り上げます。

都市の全景を暗示する広告掲示板が建物のファサードを飾り、意義深い都市空間に驚くべき登場を果たします。
ベーカリーや、果物や野菜のマーケットが、アイコニックなブランドコードでプラダらしく生き生きとアレンジされます。

この広告キャンペーンの中心素材は、コレクションに使われているファブリックの幾何学的要素と独特のパターンです。
ある建物の壁から別の建物の壁に目を移すと、その間にパンの袋や果物や野菜の木箱に目が止まります。現実の日常空間で、そのアイデンティティは失われることなく、むしろ増幅されます。
Campaigns
クレジット
フォトグラファー:デヴィッド・シムズ
クリエイティブ・ディレクター:フェルディナンド・ヴェルデーリ