Special Projects

プラダ 青山店

Role Play

プラダは、プラダ財団の支援を得て企画された展覧会「Role Play(ロール プレイ)」をプラダ 青山店にて開催します。メリッサ・ハリスがキュレートする本プロジェクトは、代替可能かつ理想化されたアイデンティティを模索し、投影し、作り上げる概念について探求します。

「Role Play」は、2022年3月11日(金)から6月20日(月)まで一般公開されます。
3月19日(土)はイベント開催の為、クローズさせていただきます。

プラダ 青山店

東京都港区南青山5-2-6

入場無料

展覧会開催時間
午前11時~午後8時
展覧会の開催日時は青山店の営業に準じておりますが、予告なしに変更させていただく場合がございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ご来場の方へご協力をお願いいたします。 皆様にはご不便おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計した象徴的な建築物、プラダ 青山店の5階で開催される「Role Play」は、2022年2月19日(土)から6月27日(月)にかけて、ミラノのOsservatorio Fondazione Pradaで開催される展覧会の第2弾です。
本展覧会では、国際的に活躍するアーティスト、ジュノ・カリプソ、ベアトリーチェ・マルキ、ハルカ・サカグチ、グリセルダ・サン・マルティン、澤田知子、ボゴシ・セククニが手がける写真や映像、音声作品をクリエイティブ・エージェンシーのRandom Studioによる光のインスタレーションの中で展開します。

アーティストは、ロールプレイングや分身の創造、自己の拡散などを切り口として、個人の本質や表向きの人格の追求とその理解に迫ります。メリッサ・ハリスは次のように指摘します。「分身や表向きの人格、化身は自分の望みであるかもしれない。おそらくそれは、自分の個人的、文化的な背景や他者意識に関連しているとも言え、アクティビズムのひとつ、あるいは、既成概念にとらわれずに、相手の立場に立って考えるという共感を得るための手段であるかもしれないのです」。

Exhibition views of “Role Play” Prada Aoyama. Ph. Daichi Ano Courtesy Prada