Fashion Shows

2021年春夏レディス

Dialogues

Conversation

二人の初のコレクションについて
ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズ の
カンバセーション
Interview with Miuccia Prada and Raf Simons

ダニエル・アーノルドが撮影した
バックステージ

二重性と多元性は、常にプラダの辞書に存在しています。異なる要素、アプローチ、分野を並置し、相反する要素の中に逆説的な調和を見出します。バーチャルファッションショーが行われた空間は、OMA/AMOが考案したパーソナルで親密な物理的空間です。テクノロジーは、装飾と機能が組み合わされたモニターとカメラのシャンデリアとして登場し、人が通過するたびにダイナミックなバレエのように動きます。英国系カナダ人のエレクトロニックミュージシャン、リッチー・ホゥティンによるPlastikmanがこのショーのために作曲したサウンドトラックには、今までランウェイを歩いた経験のない、このショーで初めてモデルを務めた女性たちの名前が含まれています。彼女たちにとって、これがデビューとなります。

プラダ 2021年春夏レディスコレクションのショー会場を3Dで見ることができます

ショー会場を3Dで見る

ランウェイミュージック

2021年春夏のレディスコレクションで、プラダはテクノロジーが人の親密性や官能性にどのような影響を与えるかについて探究します。ランウェイミュージックを手がけたのはテクノミュージシャンのリッチー・ホゥティンaka Plastikman。彼はこのテーマをインスピレーションの源とし、AIアルゴリズムを使って生成した合成音声をランウェイの音風景の中に溶け込ませました。