ご来店予約を承っております。

Fashion Shows

FW 2010 Womenswear

ショー会場

レオン・バッティスタ・アルベルティは、全十冊にわたる自身の作品「建築論」の中で、こう問いかけています。

「もし都市が大きな家であり、家が小さな都市であるならば、家のさまざまな構成要素は小さな建物とは考えられないだろうか?」

ショースペースは、抽象化された都市。 映画館、バー、公園といった都市機能が一般的な形で再構築されています。 また、国内規模のクラブの、暗く、居心地の良い、ムードのある雰囲気を踏襲しています。

都市の要素としては、 工業用チェッカープレートで覆われたバー、シュールな製品を広告する美容院、ピンクのフォームで作られたミュージックホール、不明瞭なリストを表示するニュースセンター、階段状の観客席、Prada Galleriaのチェッカーボードの床、人気上昇中の映画、緑の樹脂で作られた人工的なセントラルパーク、売店、一般的な標識のある通り、一般観覧エリアの映写などがあります。

また、プライベートな要素としては、 ウォールペーパーが貼られた黒い壁、立ち上る煙、登場人物たちが夢や悩みを語る親密なムードの映像、などがあります。

モデル(住人と言うべきか)は、 この小さな都市と大きな家を行き交います。その様子は、私たちの一人が、自分で人生のこの瞬間を体験したいという願望を映し出す鏡となったように感じさせます。

クレジット:OMA