2020年春夏メンズ

ビデオ

ビデオ

ビデオを見る >
 
 
ルック

ルック

ルック (1)
ルック (2)
ルック (3)
ルック (4)
ルック (5)
ルック (6)
ルック (7)
ルック (8)
ルック (9)
ルック (10)
ルック (11)
ルック (12)
ルック (13)
ルック (14)
ルック (15)
ルック (16)
ルック (17)
ルック (18)
ルック (19)
ルック (20)
ルック (21)
ルック (22)
ルック (23)
ルック (24)
ルック (25)
ルック (26)
ルック (27)
ルック (28)
ルック (29)
ルック (30)
ルック (31)
ルック (32)
ルック (33)
ルック (34)
ルック (35)
ルック (36)
ルック (37)
ルック (38)
ルック (39)
ルック (40)
ルック (41)
ルック (42)
ルック (43)
ルック (44)
ルック (45)
ルック (46)
ルック (47)
ルック (48)
ルック (49)
ルック (50)
ルック (51)
ルック (52)
ルック (53)
ルック (54)
ルック (55)
ルック (56)
ルック (57)
ルック (58)
ルック (59)
ルック (60)
ルック (61)
ルック (62)
ルック (63)
ルック (64)
ルック
詳細

詳細

 
 
ショー会場

ショー会場

Illuminated Vista

プラダ 2020年春夏メンズファッションショーの会場のために、レム・コールハース率いるAMOが光のインスタレーションを考案。これは、かつて小麦や穀類の貯蔵庫として使用され、アジア最大級のサイロとされるミンシェンウォーフの産業記念碑的性格とサイロホールの粗削りな雰囲気を強調するものでした。会場の巨大さと迷宮のような趣は、スペースを長軸に沿って分断する直線のキャットウォークによってさらに増長されていました。

観客席は建物の中央部分に設けられ、サイロ上部の形状をドラマチックに反映したアンフィシアター状に配置されています。ネオンライトは、ホールの産業施設としての形状に沿って配置され、精緻な幾何学的配列を際立たせると同時に、落ち着いたパステルカラーに光る鮮やかな空間の縦列を形成していました。モデルのキャットウォークは見渡す限りに長く続き、その先が巨大な光のアーキテクチャーの中に消え去るかのようでした。

ファッションショーの後、ゲストは館内7階のディナーやライブが用意されている会場に移動しました。一晩限りのために作られたこのスペースに、いくつかのステージがさまざまな場所に設けれ、パフォーマンスが行われました。

ショースペースを見る

Location set up concept by OMA/AMO

 
 
party

Party

ビデオを見る >
 
 
celebrities

Celebrities

ビデオを見る >

アフターパーティー

2020年春夏メンズファッションショーの後、ダンス、音楽、光と音のインスタレーションを含む7つの異なるスペースで、ミュージックとビジュアルパフォーマンスからなるアフターパーティーが開催されました。

アイデンティティの共有と異なるパフォーマンスの一体化という二元性をテーマに開催された同パーティーでは、さまざまなステージ一が館内の6階と7階に設けられ、UVAによる光のパノラマでマッピングがされていました。

各パフォーマンスのサウンドスケープを担当したのはCraig Richards。また、彼はクラブスペースでBen UFOとともにDJとして出演しました。

 
 
プレモニション

プレモニション

ビデオを見る >
 
 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る