The Prada Galleria
2007年に誕生して以来、進化を重ねてきたプラダ ガレリアバッグ。プラダを代表するネオクラシックなスタイルで、いつまでも色褪せない価値を持ち合わせたこのバッグは、1913年にミウッチャ・プラダの祖父である創業者のマリオ・プラダがミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にオープンした、プラダの旗艦店にちなんで名付けられました。
The Making of Prada Galleria

メイキング オブ
プラダ ガレリア

洗練されたスタイリッシュなデザインでありながら、実用的。ガレリアのデザインは魅力的なフォルムと機能性を兼ね備えています。プラダのクラフツマンシップの伝統を継承しつつ、反映されるモダンなデザインの精神。この歴史と時代性の組み合わせからタイムレスなものが生まれます。

Bag 01

Bag 02
01
1/6
「サフィアーノ」レザー
詳細を見る
ラグジュアリーな質感の「サフィアーノ」レザーは、1913年に創業者のマリオ・プラダが特許を取得したもので、精巧なヒートプレス加工とワックス加工を経て完成します。

メイド・トゥ・オーダー

お客様のお好みに合わせてアレンジしたオリジナルのプラダ ガレリアバッグを作りませんか。一部のプラダ店舗でメイド・トゥ・オーダーサービスをご利用いただけます。希少なレザーや、幅広く揃ったカラーなど、バラエティに富んだ素材から選び、アイコニックなデザインをパーソナライズしましょう。バッグにイニシャルを追加すれば、あなただけのデザインが完成します。クラシックレザーやエナメルロゴ、ダイヤモンドバージョンなどのセレクションからお選びいただけます。