プラダ ガレリア 1913

 

プラダは、ミウッチャ・プラダの祖父であるマリオ・プラダによって1913年に創立されました。

ミラノを象徴する格式高いガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世に店舗を構えたプラダは、ガラスでおおわれたこのアーケードの中でも、洗練された技術と上質の素材で作られたラグジュアリーな旅行用品やアクセサリーを取り扱う特別なショップでした。

程なくして、ヨーロッパ上流階級の貴族やより優雅で洗練された人々が立ち寄るショップとして人気を博しました。 1919年、プラダはイタリア王室御用達に指名され、プラダのロゴにサヴォイ家の紋章と結び目のあるロープが組み入れられるようになりました。

ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にあるプラダの第一号店は、今もその当時の雰囲気をとどめています。 マリオ・プラダが、イギリスの建築家にデザイン・製作を特注したマホガニー製の棚に、極めて上質なハンドメイドのバッグ、トランク、革小物、ビューティケースのほか、最新コレクションの革製品やシューズ、ウエアなどもディスプレイされています。
このほかにも、1世紀前と変わらず今も傑出した品質を誇る、由緒あるプラダの製品を取り揃えています。

 
 
 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る