• ご利用中のお客様:
  • ウィッシュリスト
  • 閉じる

    ショッピングバッグ

    合計

ショッピングする地域を変更しますか?

お客様は Japan のサイトにアクセスされています。 お客様へのおすすめサイト

に切り替える
loading...
Campaigns

365 SS 2019 ADV Man

Double Exposure

プラダ 2019年春夏コレクションにフォーカスした、映画の世界にインスパイアされたメンズおよびレディスのキャンペーンフィルムが同時に発表されました。映画ポスターと同様、印刷用の広告画像がフィルムのシーンを映す窓となります。

最初の作品は、プラダ2019年春夏メンズコレクションの合理化されたモダニズムを映画的な視点で再構成した2作品からなるフィルムです。ウィリー・ヴァンデルペールが監督を務め、ブノワ・デビエが撮影監督を務めたこれらのショートフィルムは、謎めいて、より大きな全体を示唆する断片のように興味をかき立て、強く心を惹きつけます。往年のハリウッド作品を思わせる各フィルムのサウンドは、フレデリック・サンチェスが手がけました。

フィルムは、銀幕の歴史的瞬間の記憶から様式的なヒントを得ています。この2つのショートフィルムは、過去の映画の反復ではなく再解釈であり、その短さゆえに注意を引きつけ、登場人物を垣間見せて興味をかき立てます。

多面的な主人公が自身の様々な側面を探るこれらのフィルムは、プラダの中核である二面性の試行であり、2019年春夏メンズコレクションをもうひとつの美的解釈を通して表現しています。

ビデオ

現代的なファッションに身を包んだモデルのダーン・デュエズ、ヨナス・グロール、テミンが登場するこれらのフィルムでは、事実と架空が共存します。これらのフィルムはドキュメンタリーであると同時に物語でもあり、見る人をいや応なく引き込みながら、誇張された私たち自身の現実を表現しています。

これらのショートフィルムはプラダのソーシャルメディアおよびprada.comで公開されています。時代とメディアのムードとニーズに対応し進化しながら絶えず変化するプラダの広告キャンペーン「365」の一部として、オムニチャネルで発信されています。

ギャラリー

クレジット:

写真と映画:Willy Vanderperre
モデル:Jonas Glöer, Daan Duez, Tae Min Park

 

Double Exposure

男性と女性、事実とフィクション、静と動。2019年春夏レディスファッションショーで体現されたプラダに内在する二面性は、プラダの広告キャンペーン「365」シリーズの新たなレディス&メンズ広告キャンペーンの中で、シネマ風のイメージとなって解釈されます。

ウィリー・ヴァンデルペールが撮影したレディス&メンズ広告キャンペーンのイメージは、プラダが特別に制作したショートフィルムのシリーズから引き出されたものです。これらの映像は、名高い映画撮影技師ブノワ・デビエが撮影監督を務め、サウンドアーティストのフレデリック・サンチェスがそれぞれの楽曲を特別に作曲した映像作品となっています。2019年春夏レディスコレクションを紹介する5編と、メンズコレクションに焦点を当てた2編が制作されました。プラダの広告キャンペーン「365」の新たな進化を象徴するこれらのポスターは、ハリウッド映画と同様、近日公開される映像作品の予告編となります。映像作品は、2019年1月から2月にかけてPrada.comで公開されます。

この広告キャンペーンのアプローチは、スタイルとテーマにこだわることによりビジュアルを明確化し、映像作家としてのプラダのコンセプトを象徴しています。優れた映画は、そこに思い描かれた世界をのぞく窓、つまり一つの世界観として見ることができます。今回プラダは複数の現実を取り上げ、フレジャ・ベハ・エリクセン、ジジ・ハディッド、マイケ・インガ、リウ・ウェン、アノック・ヤイの5人の女性モデルが、プラダのアクセサリーの名前を持つキャラクター、シビル、シドニー、マギット、オデット、ベルとして登場します。これらは映画の世界における象徴的な存在の女性にインスパイアされた名前であり、したがって、インスピレーションを与える側から受ける側へ、そしてまた与える側へと戻るメビウスの輪になっています。

男性モデルのダーン・デュエズ、ヨナス・グロール、テミン・パークは、映画界における女性スターの相手役、マチネアイドルとして表現されています。モデルが現代の銀幕のアイドルとして登場し、超大作映画の主人公となります。

広告キャンペーンは、動画からビジュアルを取り出し、それを静止画に変換した、興味深く謎めいた一連の映画ポスターの形式になっています。ファッションの広告キャンペーンと同様、映画ポスターは映画の中のある瞬間を象徴します。その性質上つかの間で儚いながらも、のちにその時代をとらえる極めて重要な文化的瞬間の象徴として称えられるものです。ここでは、ミッドセンチュリー風のスタイルとグラフィックを用い、時代を超えて現代に復活したビジュアル、往年のシネマ風のフレームを取り入れ、見る人を引き込み、魅了し、誘惑します。

特徴的ですぐにそれとわかる映画の個性的な存在感を生かして、これらのイメージはより大きな全体の一部であることをほのめかしています。それぞれのイメージは、元となるフィルムの物語の断片として表現されています。移動中を捉えたように見える背を向けた姿を描き、コメントも説明もなく、曖昧で美しい会話の中でフレームアウトする姿を見つめています。クラシック映画の立ち居振る舞いや動きを捉えたポーズは、どこか見覚えがあり、少し懐かしさを感じます。それらは、反射でも屈折でもあり、同時に古くも新しくもあります。

暗示的な二面性は、各人物が二重に映った前景の動きに対する白黒のポートレートの背景、静止していながらも動きを予感させるイメージのグラフィカルな重なりによって明確にされます。それらは瞬時に、俳優とその役柄、映画スターと映画のキャラクターという二面性を彷彿とさせます。しかし、それらはまた、日常のシネマヴェリテの中で誰の中にもある複数のペルソナをも表現しています。