メンズ ファッションショー

ショートムービー
ビデオを見る >
FW 2014
 
 
ルック
ルック (1)
ルック (2)
ルック (3)
ルック (4)
ルック (5)
ルック (6)
ルック (7)
ルック (8)
ルック (9)
ルック (10)
ルック (11)
ルック (12)
ルック (13)
ルック (14)
ルック (15)
ルック (16)
ルック (17)
ルック (18)
ルック (19)
ルック (20)
ルック (21)
ルック (22)
ルック (23)
ルック (24)
ルック (25)
ルック (26)
ルック (27)
ルック (28)
ルック (29)
ルック (30)
ルック (31)
ルック (32)
ルック (33)
ルック (34)
ルック (35)
ルック (36)
ルック (37)
ルック (38)
ルック (39)
ルック (40)
ルック (41)
ルック (42)
ルック (43)
ルック (44)
ルック (45)
ルック (46)
ルック (47)
ルック (48)
ルック (49)
ルック (50)
ルック (51)
ルック
ショー会場

ステージ                
                
ファッションショーのセットをデザインするプロセスは、演劇の舞台をデザインするプロセスと非常に似通っています。 どちらの場合も、登場人物や会場の空間、音楽が一体となって1つの概念を表現するとともに、それぞれが観客の体験をただ一つのものにします。
                
2014/15年秋冬メンズファッションショーでAMOがデザインするセットは、実験的で形式にこだわらないパフォーマンスステージ。
                
高さ1mの巨大なステージが会場の中央に据えられます。
観客席の大部分は、中央のステージの周りにきれいに並び、会場を囲む金属の足場が、その他の観客のバルコニー席となります。 中央のステージにはさまざまな幾何学的な形の穴が開いていて、その中に一部の観客が座り、ショー全体の背景の一部になるという、驚きの構成です。
                
モデルは、中央のステージに収まった観客の周りを回って歩きます。その他の観客はさまざまな視点からショー全体を楽しみます。
                
会場は中間色でまとめられ、 中央のステージは、全体がグレーのフェルトで覆われ、金属で構築されたバルコニーの周囲には天然金属のメッシュがふわりと張り巡らされています。 中央のステージのポケットにも金属が使われ、メインエントランスにはフェルトが使われています。
                
クレジット: AMO            
                
音楽                
                
フレデリック・サンチェスがセレクト/ミキシングを担当。ニナ・ハーゲンの「The Ballad of Sexual Obsession」やベン・フロストの「Peter Venkman Pt. 1 Gluteus Maximus remix」など。ライブ限定の歌詞で、L’Usignoloというコンサートグループが演奏します。 また、ピナ・バウシュのショーで使われた楽曲や、クルト・ワイルによる編曲などもあります。

 
 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る