カステッロ・カヴァルカンティ

プロジェクト

プラダは、著名なアメリカ人映画監督、ウェス・アンダーソンとのコラボレーションによる、 8分間のショートフィルム『カステッロ・カヴァルカンティ』を発表しました。

『カステッロ・カヴァルカンティ』は、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』、『ダージリン急行』、『ムーンライズ・キングダム』などのモダンクラシックな作品で知られる、アンダーソン監督が展開する映像表現の世界の一環です。今回の舞台は、1955年9月のイタリア。ジェイソン・シュワルツマンが運転するレーシングカーがイエス・キリスト像に衝突するところから物語が始まります。

続いて起こるのは、「ウェス・アンダーソン的」運命の物語。 撮影は、チネチッタで完璧な時代設定がされたセットで行われました。近代化から取り残された小さな町で途方にくれる、洗練された話し方のおしゃべりなシュワルツマン。 「ここはどこだ?」 彼が尋ねると、 地元の人たちはカードゲームの手を止めて、レンガの建物を指差します。 「カステッロ・カヴァルカンティさ。」
そこは、広場のような場所。誰もが遠い親戚で、バスの本数は少なく、スパゲッティを食べながら、よその家族の秘密を噂するという。

 

突然、シュワルツマン演じる迷子のよそ者は気づきます。カステッロ・カヴァルカンティは、何もない場所ではないと。 意味のある場所だ。 特別な。 自分の祖先に関わるような。  

起こることすべてに理由がある。義兄がハンドルを前後逆に取り付けたことも、予定されていたことなのかもしれない。 「ある意味、突っ込んでよかったんだ」彼は自認します。 「警告されているんだ。」
『カステッロ・カヴァルカンティ』の撮影を担当したのは、著名なカメラマンのダリウス・コンジ。彼のカメラワークは、好奇心にかられた望遠鏡のように、セットを素早く動き回ります。

50年代の鮮やかな酸性色の合成樹脂やネオンサインの輝き。 かわいいウェイトレスの目つき。 知らない人々のやさしさ。 それは、昔と変わらない故郷の姿。

『カステッロ・カヴァルカンティ』は、2012年にプラダがロマン・ポランスキー監督とのコラボレーションによって制作した『セラピー』(ヘレナ・ボナム=カーター、ベン・キングズレー主演)に続く作品です。 このショートフィルムは、ローマ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門の一作品として、2013年11月13日に初公開されました。

 
ショートムービー

______film

ビデオを見る >
 
 
キャスト&クルー

______cast e crew

キャスト&スタッフ
ジェイソン・シュワルツマン
ジャーダ・コラグランデ

監督・脚本: ウェス・アンダーソン
撮影:  ダリウス・コンジ
撮影:  ダリウス・コンジ
美術:  ステファノ・オルトラーニ
衣装デザイン:  ミレーナ・カノネロ
音楽:  アレッサンドロ・カゼッラ & ランドール・ポスター
制作:  The Directors Bureau (協力: Hi!  Production)

 
 
バックステージ

______backstage

インタビュー

______interview

ビデオを見る >
 
 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る