Prada Rong Zhai presents ‘Roma: 1950 – 1965’

プロジェクト


Prada Rong Zhaiでプラダ財団による展示会「Roma: 1950 – 1965」を開催

ジェルマーノ・チェラントのキュレーションによる『Roma 1950-1965』展では、第二次世界大戦直後にローマで発展し、1960年代初期まで続いた熱狂的な芸術・文化のシーンを探求します。

この時期、イタリアをはじめ、世界中で戦争によってもたらされた荒廃の対処におわれ、戦争のがれきを原材料として利用して、1960年代の好景気と急速な工業化のみならず、芸術言語の過激な刷新を特徴とする芸術運動の土台を築きました。

1950年11月には、美術家のマリオ・バロッコが『AZ』誌に「Gruppo Origine」と題する記事を掲載し、その中でアルベルト・ブッリ、ジュゼッペ・カポグロッシ、エットーレ・コッラらとともに結成した同名のグループのプログラムのプロモーションと定義を行いました。同グループ初の展覧会は、1951年1月に彼らのギャラリーで開催される予定でした。理想的な人間と世俗的な人間のモデルを表現する芸術概念の統合を目指した緊張を主張するうえで、ブッリの存在は重要でした。1948年以降のブッリの作品は、摩耗や裂け目、断片や穴、つぎあてやカビ、傷跡でキャンバスが覆われ、元どおりに縫い合わせると皮が浸食されていました。

同様に、エットーレ・コッラは産業の遺物の中から発見された「埋もれていた」素材の力を信奉していました。コッラはそれを彫刻に用いてイメージの力を解放しました。廃品の断片をはがして審美的フィールドに浸し、不思議な驚きのように、また絶え間ない、疎外的な生産の名のもとに使用した要素を廃棄する消費者社会を、矯正する手段として作用する形状や汚染物で満たしました。

ブッリとコッラに続く世代となるフォルマ・グループは、1947年3月15日にローマのVia Margutta 48のスタジオで設立されました。カルラ・アッカルディ、ウゴ・アッタルディ、ピエトロ・コンサグラ、ピエロ・ドラツィオ、ミーノ・ゲリーニ、アキーレ・ペリッリ、アントニオ・サンフィリッポ、ジュリオ・トゥルカートの全員が、4月に発刊され、現在このグループの名を世に知らしめた雑誌『Forma 1』の創刊号に掲載した声明に署名し、形式が即、手段および目的となる詩論を提示しました。

マルグッタ通りとヴィラ・マッシモに並んで登場したスタジオは、これらのアーティストたちの主な会合場所になりました。

雑誌『Arti Visive』(ビジュアルアート)、『L’Esperienza Moderna』(現代体験)、『Civiltà delle Macchine』(機械文明)は、ドラツィオとペリッリ率いるL’Age d’Orや、Art Club、La Tartarugaといったギャラリーとともに、当時のクリエイティブな時代の鼓動を代表していました。ポポロ広場の「Il Caffè Rosati」などのバールやカフェは、アーティストと知識人との象徴的な意見交換の場になりました。

美術批評家で歴史家のリオネロ・ヴェントーリが後押ししたGruppo degli Otto(8人グループ)や、Forma 1、Origine、Fronte Nuovo delle Arti(その他多数)は、以後10年以上にわたりイタリア美術の発展に重要な影響をもたらす人物を輩出する、主としてローマのグループおよび運動の一部でした。

この数年間のローマは、人生を謳歌し、人生の美しさを堪能したいという欲求にあふれ、その感情は1960年に公開されたフェデリコ・フェリーニの映画『La Dolce Vita(邦題:甘い生活)』によく表されています。こうした環境には、アルベルト・モラヴィア、エンニオ・フライアーノ、ピエル・パオロ・パゾリーニ(イタリア版ハリウッドともいえるチネチッタで制作される映画の脚本も手掛けていた)らのアーティストや知識人ばかりでなく、俳優、監督、主要な国際映画制作関係者も魅了されました。

Prada Rong Zhaiにおける「Roma 1950-1965」は2018年3月23日から5月27日まで一般公開されます。入場券はRMB45です。それぞれのチケットには一意のQRコードが割り当てられ、指定された時間帯でのみ有効です。展示スペースに同時に入場できる参観者数には制限があります。

 

アルベルト・ブッリ、

Rosso plastica
(赤いプラスチック)
1962

Plastic, acrylic and polyvinyl
acetate glue on canvas
81 x 100 cm
© Fondazione Palazzo Albizzini Collezione Burri, Città di Castello – by SIAE 2018

 

カルラ・アッカルディ、

Scissione orizzontale
(水平分割)
1961

tempera and casein
on canvas
110 x 150 cm

 
 
 

アフロ・バサルデラ、

Cronaca nera
(犯罪報道)
1951

mixed media
on canvas
144.5 x 174.5 cm

 

ミルコ・バサルデラ、

Sacerdote
(聖職者)
1967

wood
84 x 34 x 34 cm

 

エットーレ・コッラ、

Rilievo legno e ferro
(木と鉄のレリーフ)
1961

Wall-mounted assemblage
of iron and wood
121 x 95 x 20 cm

 

ピエトロ・コンサグラ、

Colloquio romano, 1958
(ローマ人の会話)
1958

Bronze
30.5 x 35 x 3 cm

 

ニーノ・フランキーナ、

Ala rossa
(赤い羽根)
1951

Polychrome sheet
metal
380 x 60 x 60 cm

 
 

ガストン・ノヴェリ、

House of Flowers
(花の家、)
1963

mixed media
on canvas
200 x 200 cm

 

アントニオ・サンフィリッポ、

Nucleo
(核)
1957

tempera on canvas
70 x 61 cm



 

トッティ・シアロジャ、

Impronte nere
(黒の足跡)
1960

oil and sand
on canvas
130 x 160 cm

 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る