新しいプラダ ガレリア

 

世界的に事業を展開しているプラダの中心は、1913年にマリオ・プラダが1号店をオープンしたミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にあります。

ミラノがプラダの根幹であり、ブランド全体に共通する精神が宿る場所であることから、プラダは原点に回帰し、生誕地での事業を拡大しました。

新しい「プラダ ガレリア」は、フレキシブルなレイアウトと一新した売場、プラダ財団、イベントスペース、プラダ・グループ本部の拠点となります。ミラノの歴史的中心地に新たな活気をもたらすとともに、都会の洗練されたランドマークの再活性化をめざしています。

あらゆる形態の社会活動から置き去りにされた歴史的な建造物を、現代的なスタイルに進化させ、活気に満ちた機能的な空間に作り変えること。これが、プラダの文化を代表する特徴のひとつです。

 
 
 
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る