エピセンター: ロサンゼルス

epicenter
 

OMAはニューヨーク・エピセンターの成功に続き、ビバリーヒルズの歴史的なロデオドライブに新しいスペースをオープンしました。 ある意味でニューヨークと対極のデザイン: ストリートに面した1階で波が始まり、2階に上昇した後、再び下降します。 ファサードは1枚のアルミニウム板で作られ、ショーウィンドウは歩道の下に隠れ、ガラスの開口部が床に据え付けられています。 内部の壁の多くは特製のレジンスポンジで作られており、空間に風変わりな穴だらけの質感をもたらしています。

店内では大きな木製の段が丘を形成し、 ニューヨークの店舗の波とは逆に、この段がアルミニウムボックスを支えています。 ミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアにオープンした1913年当時のPRADA 1号店を参考にして、段の丘の下の鏡張りのアルコーブ入口の上に、黒と白の大理石の床とガラスの陳列ケースでデザインされています。 アルミニウムボックスにはプラダ専用に開発された半物質、半空気の新素材の 「スポンジ」が並んでいます。 商品を引き立てる穴だらけの人工的な背景が、店内でのPradaの物理的なアイデンティティをさらに拡大しています。 薄板状のガラスは半透明から透明へと徐々に色が薄くなり、お客様の存在に応じて店舗のサイズが縮小したり、拡大したりするように見えます。 3階全体を覆う屋根構造により、空間に日光が差し込みます。

ロサンゼルス・エピセンターは2012年に改装済みです。

 
 
 
ギャラリー
沪ICP备11025989号
_トップへ戻る